現代病のうつ・ひきこもり

ストレス社会と言われる現代において、うつに代表されるメンタルの問題を抱える人の数は年々増加傾向にあります。
厚生労働省の調査では、20~30人に1人の割合でうつ病を経験した人がいるという結果が出ています。学校の教室やオフィスの中に1人はうつ病を経験した人がいても不思議ではないという割合です。
うつは引きこもりや不登校などの引き金にもなります。引きこもりや、不登校も大きく増加し、現代では社会問題になっています。こうした問題の背景に、栄養の不足が指摘されるようになりました。

うつについて

うつとは、「憂鬱である」「気分が落ち込んでいる」などと表現される気分が強い状態(抑うつ状態)が重症である状態を表す病名です。

VIEW MORE VIEW MORE

引きこもり・不登校について

学校や職場などの社会活動の場から受けるストレスを処理しきれず、活動に参加できなくなった状態で、社会問題になっています。

VIEW MORE VIEW MORE

うつと摂食障害・栄養の関係

現代人を悩ますうつ、それによって起こる引きこもりは、周囲の環境などもさることながら
食事と栄養との関連が深いと考えられるようになりました。これを示しているのがうつと摂食障害の関係です。

うつと摂食障害・栄養不足の関係
摂食障害による栄養不足がうつを引き起こす悪循環

栄養不足によるうつを防ぐ

うつと関連する栄養は
神経伝達物質

栄養素の中で、うつと関係するのは、体内の神経伝達物質に関わる栄養素です。

VIEW MORE VIEW MORE

うつと関連する栄養を
過不足なくとって、うつ予防と改善

たんぱく質
鉄
ビタミン類
まごわやさしいで栄養バランス
足りない栄養はサプリメントで補給

規則正しい生活習慣・
適度な運動が
うつ予防・改善の早道

VIEW MORE VIEW MORE

うつ・ひきこもりとは
DERMEしよう DERMEしよう